FXはメンタルがすべて

FXはメンタルがすべて

プロの機関投資家だけでなく、アマチュアの個人トレーダーの多くが、システムトレードを取り入れるようになりました。

なぜならFXは、メンタル管理が極めて重要であり、感情を介入させない運用の方が効率的だからです。

本節では、FXにおけるメンタル管理の難しさについてお話ししたいと思います。

どんな教訓も、欲望の前では無意味

喉元過ぎれば熱さ忘れる」ということわざがあります。

FXの難しさは、ズバリこの言葉に集約されていると言ってもいいでしょう。

FXはゼロサムゲームであり、またマネーゲーム

麻雀のように運要素はあるといえど、ゲームである以上セオリーや勝率の高い勝ちパターンがいくつも存在します。

ではなぜ、それらを経験の糧として、勝ちきることができないのでしょうか。

その理由はシンプルに、稼ぎたいという欲望に負けてしまうからです。

例えば、長い時間をかけてひとつの勝ちパターンを身につけたとしましょう。

さてここから、その勝ちパターンを今後もずっと遵守できるでしょうか。

いきなりドル円が100円から90円になった時、これはお買い得だと思って、手を出したりしないでしょうか。

一切気を緩めず、自分のルールを守りきれる人というのは、僕が知る以上そうそういません。

だからこそFXは難しいのです。

メンタルの影響が分かるトレード実験

FXとメンタル管理について、もうひとつ興味深い話を紹介しましょう。

長年相場で経験を積んだ熟練トレーダーと、FXについて何も知らないサル、どちらの運用が上手くいくのか、とある調査が行われました。

普通に考えて、サルに運用を任せたところで勝てるはずはありません。

ところが結果は、運用の結果について、両者あまり変わらずといった具合でした。

熟練トレーダーは人間である以上、欲望があり、なんとか資産を増やそうと奮闘します。

その一方で、お金に対して何も欲望を持たないサルは、ポチポチとルールも分からず適当にトレードを繰り返していました。

つまるところ、ガチガチに理論武装してトレードしようが、適当にトレードしようが大差なく、いかなる勝ちパターンも、メンタルが備わっていなければ無意味となるのです。

だからこそ、感情を介入させないシステムトレードが、人間を凌駕するのは当たり前のことであり、これに気づけない人がFXで負け続けるのです。

詳しくは、投資に関する不滅の名著『ウォール街のランダムウォーカー』にて紹介しておりますので、興味のある方は是非ご一読されてみてはいかがでしょうか。

TOPページを見る